アメリカ式子育て

アメリカの学校は、保護者もどんどんボランティアで入る全員参加型!

更新日:

こんにちは!Nanamiです。

学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。

アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の数、給食の質、そしてなんと、先生の平均のお給料の額まで分かってしまうのです!

あそこの学校の先生たち、こんなにもらってるんだ・・・というのもバレバレで、更にプレッシャーを感じながらも、がんばってくださっている先生たち!笑

 

先生方には、冬休み(クリスマス)前と、最後の学年末前に、ギフトを送るのも習慣になっていますし、Teacher Appreciation Weekと言って、先生方の仕事で代行できるものは親が代行したり、ランチをプレゼントしたり、カードを送ったり、先生方を労う週というのも設けられていたり。

 

教師という職はなんとも重労働なのが分かっているからこそ、普段からも、親がボランティアに入ります。書記係をやったり、図書室の本の貸し出し・返却の一連をやったり、ランチの時間は、低学年の子ども達が食べるときにお手伝いをしに行ったり。

更にそういったボランティアをまとめる係に、また年に何度かクラスパーティがあるので、そんなパーティや行事のお手伝いにも、親がどんどん参加します。

 

クラブ活動も、親が発端となっているものも多いです。そもそも、私が住んでいる市には5つ小学校があるんですけど、それぞれの学校での裁量が大きいみたいで、どの学校も個性的。そこでまた、それぞれの親が起こした活動というものがあるので、更に学校毎にカラーが変わってきます。

(あそこの小学校には教室を分ける壁が全然ないの?とか。あそこの小学校では1年生からタブレットを貸与するの??とか、同じ市の中でも、その小学校ごとに方針が独自で、結構斬新なものもあったりします。)

 

そこに親がまた多様性を持ち込むというのは、例えば・・・、あそこの小学校では、朝にマインドフルネスのクラブがあって、別の小学校では、レゴリーグがあって・・と、親によってその学校にしかないクラブ活動が生まれ、さらに別の学区の親が、別の小学校の活動を見ていいなぁと思ったら、その親が発端となって、自分のところの学区でリーダーシップをとって、クラブを立ち上げたりします。

 

中には、親が学校に貢献すればするほど、子どもの学校でも評価も上がる!みたいなことを言っている人もいるようなのですが、

親の動機が何であれ、私自身は、100人いたら、100人全員がリーダーシップをとって、そのコミュニティを作っていくような文化があるので、それがいい感じだなと思っています。

誰でも手を挙げて、率先して、0からでも良いと思ったことはやっていく☆

そこに堅苦しい手順などもなく、イベントがある毎に、パッとオンラインのボランティア登録シートがメールやコミュニケーション用アプリで送られてきて、その時に手が空いている人、できる人が登録して協力体制を柔軟に作ってやっていく。

そのように助け合ってやっているので、とにかく変化や改良のスピードが速いなぁと実感しております~!

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

Nanami

 

 

 

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-アメリカ式子育て

LINEでお問合せ

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.