ライタープロフィール

MIYA

更新日:

はじめまして。

2015年生まれの男の子のお母さんです。
息子は、知的障害のないASD(自閉症スペクトラム)です。
発達障害児は皆とっても個性的で誰一人同じ子なんていなくて、知的障害がないからこその、悩みなんかもあったりします。

でも、ある日息子のことを

「とっても素敵なギフトを授かったんだね」

と言ってくれた方がいて、ふっと肩の力が抜けました。

私自身も、幼少期より少し周りとの温度差を感じながらそれでも大人の期待に応えようと悩みながら生きてきました。
今では、自分のことも息子のことも受け入れ、試行錯誤しながら結構楽しく過ごしています。

私の子育ての経験が誰かのお役に立てればうれしいですし、私もこれからまだまだ続く子育ての中で皆様から学ぶことができればと思っています。

 

これからどうぞよろしくお願いいたします(⌒∇⌒)

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
星の子育て編集部

星の子育て編集部

星の子育て編集部です。 「敏感なことは問題ではなく、一つの個性であり特徴である」 という視点から、アメリカ/日本のスペシャリスト達が、日本にはまだ馴染みのない子育ての考え方や、敏感な子供達の子育ての経験談などを紹介しています。 たった今子育てに悩んでいるパパママたちに、子供のことをもっと理解してもらいたい、少しでも悩みや負担を取り除いて欲しいとの思いから、運営しています。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-ライタープロフィール

LINEでお問合せ

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.