心理学

成長マインドセット☆褒めればよいというものでもありません☆

投稿日:

こんにちは!Nanamiです。

 

本日は、子育てにおける成長マインドセットについて。

「マインドセット」という言葉、日本でも最近はよく耳にすると思います。

どちらかというと、ビジネスで多いでしょうか?

「月収100万円をめざしているのなら、すでにそのマインドセットで生きる」みたいな話を、よく聞きますよね。

 

マインドセットの定義

そもそも、マインドセットの定義をどう説明したらよいのだろう思い、調べてみると以下の通りでした☆

 

"マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、価値観、信念などがこれに含まれる。

マインドセットという言い方は、人の意識や心理状態は一面的なとらえ方はできず、多面的に見てセットしたものがマインドの全体像を表しているということから来ている。"

※引用:グロービス経営大学院のMBA用語集より

 

ということだそうで、

多面的な思考様式や心理のことですね。

 

マインドセットの種類

それで、教育現場での話ですが、マインドセットには大きく2種類あると言われています。

 

①固定マインドセット:「人の能力は固定的なものであり、変わることがない」というマインドセット

②成長マインドセット:「人の能力は、成長させることができる」というマインドセット

の二つです。

 

成長のマインドセットを育てよう!

それで、上記の二つのマインドセットであれば、子育てにおいては、成長のマインドセットで接することの重要性があります。

マインドセット

 

スタンフォード大学のキャロル・ドゥエック博士の研究で、子ども達のテストの結果に関係なく、「あなたは頭がいいね」と褒めた場合と、「よくがんばったね」と褒めた場合で、その後の子ども達の行動が変わったという、結果があります。

 

「あなたは頭がいい」と褒められた子ども達は、なんと、次に失敗することを恐れて、より難しいテストを回避する傾向がみられたのです。

「自分は頭がよくなければならない」という固定のマインドに縛られたのでしょう。

 

一方、「よくがんばったね」と褒められた子ども達は、ほとんどの子が、次により難しいテストにチャレンジしたのでした!

つまり、本人が生まれ持った固定の能力を褒めるのではなく、本人が試行錯誤して、物事を達成したそのプロセスに言及することで、またやってやろう!というモチベーションが生まれたということが、そこで分かったのです。

 

もう一度言いますと、前者のケースが固定マインドセットで、後者のケースが成長マインドセットです。

子どもが、成長マインドセットを持てることが重要なのです!

 

ということで、褒めるときは、本人が生まれもった能力でなく、そのプロセスについて言及するようにしましょう!

「やればできるんだ」というその感覚が、更に子どもの中で育まれることでしょう!

 

※ただし・・「がんばる」の注意点

上記の博士の研究の中では、「がんばったね」という「がんばり」を褒めるということが行われました。

ただ、後に博士自身も言っているのですが、ただやみくもにがんばれば良いというわけでもありませんよね?

 

「がんばる」にも色々あって、間違った方法でずっと努力したところで、なかなか進まないな~ということだってあると思います。

焦って空回りするなんてこともありますしね。

そもそも、その目標自体、その子どもにとって、本当に大切なことなの?ということもありますしね。

 

だからこれまただ「がんばる」、努力する、ということを褒めればいいというものでもないと思いますので、そこも注意してくださいね。

 

ただ、そこで、色んなやり方を試してみる!というのも、本人の学びだとは思います。行動し続けている限り、失敗というものはないのかもしれません。その試行錯誤のプロセス自体を、本人が楽しめると同時に、親も温かく見守れるといいですね☆

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-心理学

LINEでお問合せ

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.