心理学

ステレオタイプ・スレットとは?~子どもの個性を大切に☆

更新日:

こんにちは!Nanamiです。

心理学の研究対象で、ステレオタイプ・スレットというのがあります。

 

ステレオタイプというのは、例えば「日本人って、礼儀正しいよね」とか、「京都人は言いたいこと、遠回しにしか言わない」とか、そういう、社会に浸透している偏見、イメージのことですよね?

 

(「ストレオタイプスレット」で検索したら、こんな↓画像が出てきて、日本人のステレオタイプなんでしょうか??嫌だな~と思いつつ・・・載せてみました!

毎日寿司食べてるの?みたいな笑)

ステレオタイプ

 

(それで一緒に検索で出てきた、こっち↓のフランスパン持ってるのが、フランス人のステレオタイプなのかな?笑)

 

 

ステレオタイプスレットの有名な実験

有名どころで、男女のステレオタイプで、「女子の方が数学が苦手」について、以下の実験があります。

 

数学の成績が同等の大学生を、男女比率が半々のAとBの2つのグループにわけ、それぞれ別々に数学のテストを受けてもらいました。

Aグループには、何も言わず、普通に受けてもらいました。

しかし、Bグループでは、テストの直前の説明の時に、「このテストは、女性より男性の方がいつもスコアが高い」とインストラクターが述べました。

 

すると結果は・・・Aグループのスコアは男女の差がないのに、Bグループでは本当に男子学生のスコアの方が、女子学生のスコアを上回ったという話です。

 

なので、男女の偏見を押し付けることの恐ろしさが、この結果から分かります。そのようにステレオタイプの偏見によって、人が簡単に左右されてしまうことを、ステレオタイプ・スレットと呼びます。これは1990年の研究で、その頃から、様々なステレオタイプスレットの研究がなされてきました。

 

男女の偏見をなくすことも大切ですし、またアメリカではアフリカン・アメリカン、いわゆる黒人の人々が偏見のために不利な思いをすることが多く、心理学者や社会学者達が、必死で研究を進めている分野なのです。

 

ということで・・・

なんで、こんな記事を書いているかといいますと、昨日の記事と関連して、

男は泣くな!と言わないで
「男は泣くな!」と言わないで!~感情を解放する大切さ。

こんにちは!Nanamiです。 最近では、子育てをされているパパさん達も多いことと思います。 でも息子さんがいらっしゃる場合、同じ男同士だからこそ、余計に「男は泣くな!」みたいなこと・・・言ってないで ...

親の「男たるもの、こうあるべき」とか、そういう親の価値観が、簡単に刷り込まれる可能性があるということなのです。

 

私達は、一人一人、違う個性をもった、唯一無二の存在です。

 

だから、そんな個性を大切にしつつ、子どもにせめて、ネガティブな言葉で、型にはめるようなものは、避けたほうがいいと思いますよ!

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-心理学

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.