子育てのお悩み 発達障害

【発達障害】息子がASD(自閉症スペクトラム)とわかるまで

投稿日:

こんにちは、現在4歳でASD(自閉症スペクトラム)の男の子のお母ちゃんやってますMIYAです。

 

難しいことを書こうと唸っていたのですが、まずはうちの息子がASD(発達障害)と診断されるまでのことを書こうと思います。

うちの子、ひょっとして発達障害なのかも?!とお悩みの親御さんの参考になれば嬉しいです。

 

みんなと一緒に行動できない?!

きっかけは、当時通っていた小規模保育でした。

それ以前にたまに預けていた一時保育では、とても愛想がよくて手がかからない子だと言われていたのですが、1歳になってから預けだした小規模保育所では全く違うことを言われるようになりました。

 

『○○くんだけ、いつもみんなと一緒のことができません』

『全然、できないので困っています』

 

毎日のように、連絡帳にこんな感じのことが書かれています。

ある日なんか、

『あまりに一人だけ用意ができないので、泣いてたけど今日は散歩置いていきました』

なんて言われて驚いたこともありました。

 

正直、1歳の子供にみんなと一緒にしなさいと強制する方が間違ってるんじゃないかと、区役所に文句を言いに行ったこともあります(モンスターペアレントっぽい?!)。

 

そして、行事になると1人輪から外れて違うことをしていたり、初めから終わりまで泣きどおしだったということもありました。

 

一人っ子だし、初めての子育てなので比べる対象もなく、こんなもんなのかなぁと思いつつも保育園の先生からの毎日の嫌味(?!)に神経をすり減らす日々でした。

 

でも、歩くのも発語も割と早い方で、記憶力もものすごく良かったので、まさか発達に問題があるなんてこの時は思っていませんでした。

 

ひどいかんしゃくに自傷行為…なんかおかしくない?!

夜泣きはあまりなかったものの、かんしゃくがひどいという認識はありました。

雨の中、自転車もバギーも嫌だと泣きながらびしょ濡れで走って逃げられた時には、私も泣いた記憶があります。

とにかく、ちょっとでも気に入らないことがあるとかんしゃくを起こして泣き叫び、手あたり次第に物を投げます。

そして、物にあたるだけでなく自分を叩くようになりました。

自傷行為の始まりでした。

検診でも相談していましたが、毎回

『もう少し様子をみましょう』

と言われていました。

 

3歳になり、不信感だらけの小規模保育から普通の保育園へ移りました。

園長先生は、障碍児教育にとても長けた方で親身になって話を聞いてくれ、市の巡回相談で息子のことを相談してくれました。

そして言われたのが

『少し多動があるし、凸凹したとこがあるかもしれないね』

みたいなニュアンスのことでした。

幸い、今の園はみんなと同じことができなくても怒られたり何かを強制されたりということはありません。

このままのびのびと過ごせたらなぁと思っていました。

 

ただ、この頃から異常な『こだわり』がみられるようになり、私も発達障害を疑わずにいられない状態になってきました。

 

3歳児検診⇒発達検査

3歳児検診の時、最後の発達相談をしました。

かんしゃくがあまりにひどいこと、自傷行為、こだわり、執着など思い当たることを全部話しました。

 

そして、そこから児童相談所に繋いでいただき、発達検査を受けることに。

発達検査については、また機会があれば詳しく書きたいと思いますが、結果的には

『知的な遅れはないが、発達に凸凹がみられる』

ということでした。

 

よかったら療育行くこと考えてみたら?とも言われたのですが、その時はそんなの必要ない!と突っぱねてしまいました。

 

ここで、一旦終了…となったのですが、この後また事態は変わります。

 

強いこだわり、感覚過敏、自傷行為の悪化…初めての児童精神科受診へ

息子は、ひとつのことに集中すると声をかけても届きません。

気が済むまでやり続けます。

そのこだわりが、どんどん強くなった時期がありました。

元々、絵を描くのがとても好きなのですが、使うペンや紙、描いたものの置き場、置く順番にまで強いこだわりがありました。

いつものペンや紙を切らすと、かんしゃくを起こす。

置いてあった絵をちょっとでも動かしたりすると、泣き叫ぶ。

他にも、朝食は毎朝同じものでないと食べない、例えば同じクリームパンでもメーカーが違うと食べない、といった感じです。

登園の道も、行き方を少し変えると

『最初からやり直して』

という感じで、私もいい加減疲弊してきていました。

 

加えて、大きな音(当時は、特に赤ちゃんの泣き声)などに敏感だったり、背中を異常にかゆがるなど、感覚がとても敏感になってきていることに気付きました。

 

また、一か所でくるくる回り続けるといった、ちょっと異常行動も見られるようになってきました。

 

そして、上記のような気に入らないことや思い通りにいかないことがあると、自分の顔や頭を結構強い力で叩くようになったのです。

 

いい加減、おかしいなと思った私は、知り合いの医師に相談しました。

『なるべく早く受診させて、ちゃんとした対応を教えてもらうべき』

との助言を受け、市の児童精神科に受診予約を入れました。

ただ、児童精神科の初診は最低でも半年待ち…

この状態がいつまで続くんだろうと、少し心が折れそうになっていましたが、予想外に順番が繰り上がり申し込みからわずか2週間ほどで、受診できることになったのです。(後で聞くと、結構緊急性が高かったらしい)

 

初めての児童精神科受診は、予診票がまず書くことが多すぎてそれだけで大変だった記憶があります。

診察室では、子供は診察室内にたくさんあるおもちゃから好きなものを選んで遊び、先生はその様子を見つつ親と話すといった感じでした。

予め、保育園での様子などを担任の先生がまとめてくれていたので、割とスムーズに診察は進んでいきました。

 

先生は、一通り話を聞いた後、何の躊躇もなく

 

『自閉症スペクトラム(ASD)ですね』

 

と仰いました。

 

そして、わかりやすくまとめられた書類などを見せてもらい簡単に説明を受けました。

その後に、また別室に呼ばれていろいろな制度の話や家族会の話などを聞いて終わりでした。

 

 

なんとなく覚悟はしていたものの、実際に現実を突きつけられるとやはりショックはありました。

でも、そこまで深刻ではなくすぐに切り替えましたけどね。

 

本当の発達障害児の子育てのはじまり

最初こそ多少のショックは受けたものの、はっきりと診断名がついたことでスッキリもしました。

もやもやしたままでいるよりはずっと良いと思ったのです。

 

そこから、本当の意味での発達障害児の子育てが始まりました。

 

療育へ通い始めたのも、診断がついてからです。

 

発達障害とひとことで言っても、その中身って本当に様々で一人として同じ子供はいないと思います。

知的障害のあるなし、多動のあるなし等、皆さんそれぞれにいろんな悩みを抱えていらっしゃいますよね?

出口の見えない毎日に、もう何もかも投げ出して逃げたくなったり、子供に手を挙げてしまいそうになることも正直あると思います。

一人で泣いているお母さん、めっちゃ多いことも知ってます。

 

ザックリと、うちの息子の発達障害が発覚するまでの経緯を書きましたが、児童精神科受診のことや療育のこと、普段の接し方などなど、他の発達障害児ママさんに聞いたお話や私の経験で役に立てることがありましたら、これから少しずつ書いていこうと思っています。

 

もしも、こんな話が聞きたいとか、こんな時どうしてる?みたいなご要望がありましたらぜひお聞かせくださると記事を書く上での参考になるので嬉しいです。

 

どうぞ、これからよろしくお願いいたします。

 

 

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

MIYA

2015年生まれのASD(自閉症スペクトラム)の男の子のお母さんです。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-子育てのお悩み, 発達障害

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.