不登校

不登校を乗り越えた親たちが思うこと

投稿日:

Chikakoです!

 

ちょっと暗い話が続いたので、今回は子どもの不登校を経験したお母さんたちが「今、どんなことを感じているのか」ということをお伝えしたいと思います。

とは言えプライバシーもあるので、これまでお話を伺った方々のお話をまとめてみました!

 

子どもは成長する

渦中にいた時は、もう日々!毎日が困ったことの連続!

どうしたらいいか分からなくてあちこち相談しに行ったり、目の前で閉じこもったりゲームばかりしている子どもにイライラしたり、子どもだけではなく親自身も病院に通ってしまうこともあります。

けれどもそんな日々が懐かしくなるくらい、子どもが自分の居場所を見つけてイキイキし始めると実感することが「子どもは成長する」ということのようです。

 

不登校で昼夜逆転、YouTube視聴やゲームばかりしている子どもの心には「焦り」があります。「普通」だった自分が「普通」ではなくなってしまったことに。

罪悪感と自己否定ばかりの子どもは、ゲームにハマることで現実から目を背けているだけのように見えます。他の子どもたちより、他の兄妹たちより怠けて見えることもあります。

そこでついついそんな子どもの姿にイラっとする親たちは、周りの子と比較してしまって子どもを責める言葉を投げかけてしまいますが、それは逆効果。ますます子どもは親に反抗し、心を閉ざしたりします。

親が子どもを責める以上に、子どもたちは自らを責め、苦しんでいることが多いものです。うまく言葉にはできなくても、その苦しみから逃れるためにゲームに没頭しているのかもしれないのです。そこに気づいた親たちは、子どもが自ら、自身の気持ちや思いを話してくれた時、「余計なアドバイスをせずとにかく聞き役になる」ことを心掛けていた方も多くいました。傾聴やコーチングを取り入れていた方もいたくらいです。

 

そしてそんな親たちに見守られているからこそ、いつか「子どもは成長する」のです。2~3年なのか5年なのか分かりませんが、何もしていないように見えても子どもはちゃんと「成長している」のです。自分の将来を考える時が来るのです。

 

 

進学先は子どもが決める

子ども自身が自分の居場所を見つけた時、不登校だったことが嘘みたいに毎日登校し始める子どもたちがいます。

それは転校先や通信制の高校、通信制でも全日制の高校や、場合によっては海外の中学や高校だったりします。もちろん保健室や適応指導教室、フリースクールという場合もあります。

 

この子どもたちに共通しているのは、子ども自身が進学先を決めていることです。家庭の事情や通学の可否によって選択肢が決まるので、たいていの場合、親が子どもと相談して選択肢を決めているようです。けれども最終的に決めるのは子ども自身です。

 

すべての方に伺ったわけではありませんが、おそらく決定権を子どもに委ねる時、そこには親の「○○の学校に行ってほしい」という期待はないように思います。親の期待は子どもに伝わるので、その期待が子どもの希望と合わない時は、何度場所を変えてもうまくいかないと思うのです。本当の意味で親が子どもに対する期待を手放した時、子どもは自分自身の希望する場所に通い始めることができるのだと思います。

 

 

期待を手放す

この期待を手放すということ。

これも多くの親たちが語ってくれました!

これは結構難しいものです。子どもが産まれる前は、五体満足であれば・・・と願いますが、子どもが産まれてからは、いつか歩く・走る・跳ぶ・学ぶ・登園登校するのが当たり前の考えになっていきます。「当たり前」と思っているということは、「期待している」ということです。

 

小学校に行くのは当たり前、中学校に通うのは当たり前、高校に進学するのは当たり前、目に見える病気で休むのは当たり前、でも治ったら登校するのも当たり前。

親や教師に言われたことをやるのは当たり前・・・と思ってる大人もいるかもしれません...。そしてこの当たり前と思っている、親が期待していることを子どもができなかった時、親は怒り・焦り・心配・失望などの感情にのまれてしまうのです。

 

期待を手放す訓練とも言うべき不登校の子どもと、数か月~数年間付き合ううちに、やっと親は「当たり前」はないことに気づき「期待」を手放すことができるようになります。だってそれを気づかせるために、子どもたちは不登校になるのですから!

 

どこまで「期待」を手放せるかは親次第ですが、期待せずに見守る姿勢ができるようになってきた時、子どもは落ち着いて自分将来を考えることができるようになるのかもしれません。

 

 

 

 

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
chikako

chikako

18歳と15歳の子どもを育てているアラフォー世代。 子どもの頃より生きづらさを抱えていたため、自分はもちろん人の内面を観察することが好きで大学では心理学を学ぶ。 子どもたちは2人とも敏感体質で、幼少の頃より様々な存在を目にしていたため、体内記憶や親を選んで生まれてきた話をし始めた時も、喜んで聞き入っていた。 子どもたちはとても頑固で、自分のやりたいことや好きなこと以外のことはやろうとしないので、悪戦苦闘の末、ある程度放置することを覚える。子どもたちが自立に向かい始めた今日、自分自身の生き方を変えるため学びや旅行など人生を楽しむことに邁進中。 口癖は「子どもの人生は子どものもの!」

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-不登校

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.