不登校

子どもが不登校になってしまいました~親の気持ち~

更新日:

こんにちは!Chikakoです。

 

前回は、子どもが不登校になった時の背景をお伝えしました。

今回は、その時の親の「気持ち」についてお伝えします!

 

不登校なんてダメ】


子どもが登校渋りを始めたとき、私は無理やり学校に行かせてました。

今思うと、なぜそんなに無理やり行かせていたのかと不思議に思いますが…

幼少の頃の登園渋りと同様に、<自分には仕事があるので、登校してもらわねば困る!>と思っていたのかもしれません。

またはやっぱり<登校するのが当たり前>と思っていたこともあります。昭和の教育を受け、私自身ほとんど休んだことがなかったので、ちょっとくらい疲れていても発熱などの症状がなければ<学校は行くべきところ>だと思っていました。

 

言うことを聞かない子には】


あんなに泣き叫んでヤダヤダ言っていたのに、私はおしりをペンと叩いてまで登校させようとしていました。ちなみに私が子どもに手を挙げたのはこの時が初めてでした。

そしてそれが逆効果だと分かったのは、子どもが壁に頭を打ち付けた時です。

私が怒れば怒るほど、子どもは壁に頭をガンガンとぶつけ、その姿にまた怒りが沸いてくるという悪循環となっていました。

後で冷静に考えると、「子どもを追い詰めてしまった...」と後悔するのですが、その時の私は子どもがいつか<不登校>や<引きこもり>になってしまうのは困ると思っていました。

だから今は、泣こうがわめこうが「言うことを聞かせよう!」なんて思っていたと思います。

 

余裕のなさと言い訳探し】


毎朝毎朝「行きたくない」に始まり、グスグスメソメソからシクシクウワーンと泣き出すまでに結構な時間がかかります。

その間、気持ちを受け止めたり励ましたり、妥協して遅刻することを提案したり、そしてまだ小学生だった上の子の探し物に付き合ったりしていると、私のほうがだんだんイライラしてしまうのでした。

当時から(今でも)私は夫の仕事を手伝っていたので、それほど時間にうるさく言われていた訳ではありませんでしたが、それでも毎朝繰り返される子どもとのバトルの間、今日の出勤時刻に間に合うかということはいつでも気がかりでした。

そして何よりも、明確な理由もなく「遅れる」とか「休む」という連絡を学校にしなければならないことが苦痛でした。これも私がイライラしてしまう大きな原因のひとつであったと思います。

だって必ず理由を言わないといけないと思っていましたし、必ず理由を聞かれていましたからね。

実はこの「理由を言わずに、ただ休むと伝える」…これができるようになったのは、子どもが中学生になったつい最近のことでした。

そして「学校を休む」と伝えた時に、ちょっと先生にがっかりされることが平気になったのも、もしかしたら最近のことかもしれません。

ほんのささいなことのようですが、この学校との電話のやりとりは実は地味にストレスになっていました。これも「不登校あるある」かもしれません。

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
chikako

chikako

18歳と15歳の子どもを育てているアラフォー世代。 子どもの頃より生きづらさを抱えていたため、自分はもちろん人の内面を観察することが好きで大学では心理学を学ぶ。 子どもたちは2人とも敏感体質で、幼少の頃より様々な存在を目にしていたため、体内記憶や親を選んで生まれてきた話をし始めた時も、喜んで聞き入っていた。 子どもたちはとても頑固で、自分のやりたいことや好きなこと以外のことはやろうとしないので、悪戦苦闘の末、ある程度放置することを覚える。子どもたちが自立に向かい始めた今日、自分自身の生き方を変えるため学びや旅行など人生を楽しむことに邁進中。 口癖は「子どもの人生は子どものもの!」

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-不登校

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.