アメリカ式子育て 子育てお役立ちいろいろ

It's Okay to Be Different - Todd PARR (人と違って大丈夫)~おすすめの英語の絵本のご紹介①

更新日:

こんにちは!Nanamiです。

 

夏休みまっさかり。子どもさん達と過ごす時間がいつもより長い方もいらっしゃるかもしれません。

 

暑すぎる日は、家で読書を楽しむお子さんもおられるかなと思いますので、

 

本日はいつもとは趣向を変えて、洋書の絵本をご紹介したいと思います☆

 

絵本作家のTodd Parrについて

 

好きな洋書の絵本はたくさんあるのですが・・・

 

私が好きな絵本作家さんの一人が、Todd PARRです!

 

彼はセサミ・ストリートでもアニメを提供していたりするので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

こちらの動画は、セサミストリートから、Toddの動画です。

 

Fear、恐怖という感情についての動画です。

 

こういうとき、怖いと思う、でもこうしたら、怖くなくなったよ!というのを、言っています。

 

 

Todd PARRの代表作『It's Okay to Be Different』

 

また彼の代表作が、『It's Okay to Be Different』(人と違ってもOKだよ)です。

 

It's Okay to Be Different

It's Okay to Be Different

 

New York Timesでも紹介されたことがあるようです。

 

アメリカの保育園に娘が通っていた時で、3歳か4歳のとき、クラスの皆と「I'm special because I'm different!!」(私は人と違うから、スペシャルなのよ!!)と言いながら、保育園中をパレードをして練り歩くという企画があったりもしました。

 

「あなたの目は何色?」ということがテーマになったこともありました。

 

私の瞳は茶色で、あなたは緑ね、あなたは青ね、みんな違って、みんな素敵だね。という話をしたり。肌の色の違いについても語ったりもします。

 

多様性を認め合う機会が設けられているのは良かったです。

 

Toddの絵本も、そんな多様性が楽しくなる☆内容です。

 

『It's Okay to Be Different』をTodd自身が読んでいる動画を発見しました!早口ですがコチラです。

 

人と違うことこそ、自信の源!!!

 

そんな文化が、どこの国でも根付くといいですよね。

 

 

その他Todd PARRの絵本紹介

Toddの他の作品も、私は大好きです!!

例えば・・・

 

The THANKFUL Book

The THANKFUL Book

 

アメリカでは、11月にThanksgiving(感謝祭)があり、自分が感謝しているものについて、話をする機会が増えるんです。

「家族に感謝している」とか。「友達に感謝している」とか。

「ペットに感謝している」「お風呂に感謝!」「自分の身体に感謝」などなど。

 

感謝ってしようと思ってするものではないと思うのですが、Toddの本を読んで、そういえば、そんなことも確かにありがたいよね!と思えたりします^^

 

 

他にも、小さい子どもでも、地球を大切にできるアイデアがたくさん!

The EARTH Book

 

おすすめです~!

 

 

Todd PARRの日本語訳の絵本たち

 

Todd PARRの絵本たち、日本語訳されているものも、あるようですね!

ええやん そのままで

しっぱい! とおもったけど ― It's Okay to Make Mistakes

 

 

洋書と一緒に読まれてもよいかもしれません☆

 

 

以上、子ども達のとのひと時は、大変なときもありますが、

 

少しでも一緒に、楽しく過ごせますように☆という思いを込めて♡

 

洋書絵本の紹介でした!

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-アメリカ式子育て, 子育てお役立ちいろいろ

LINEでお問合せ

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.