アメリカ式子育て 子育ての考え方 心理学 子育て向け占星術

夫婦円満・家庭円満の秘訣♡

投稿日:

こんにちは!占星術師のNanamiです☆

今日は、女性に向けて、夫婦円満・家庭円満の秘訣です♡

秘訣①だんなさん、子ども達も、みんな「奥さん、お母さんを、喜ばせたい」と根本的に思っていることを知る。

だんなさん、子ども達も、みんな「奥さん、お母さんを、喜ばせたい」と根本的に思っている、ということで・・・

まず、だんなさんを「責める」ことはNGです。それは、だんなさんにとって、「喜ばせることに、失敗した」ということになるので。

女性が浮気されるのと同じぐらい、男性にとってダメージが大きなことだと知りましょう。

これは男性に共通する性質なので、離婚して相手を変えたところで、自分が相手を責める姿勢では同じことが起きるかもしれません。

 

秘訣②相手の表現が分かりにくいことを知る。

みんな「喜ばせたい」と思っているのに、その表現が分かりにくいことの方が多いので、こちらが「意識的に拾う」という姿勢でいることが大切です。そしてその都度感謝などしっかり伝えましょう!

相手の傷・トラウマが深いと、その表現が屈折して出ることもありますが、こちらの拾い方で相手が変わることもあります。

 

秘訣③自分は心にゆとりのある状態でいる。

自分のことや、何かで一杯一杯になっていると、上記の「意識的に拾う」とか、周りの好意的な行動に気付くことができません。

だから、だんなさんのため、子どものためと、無理して一杯一杯になって働くよりも、ご飯や掃除の手を抜いても、心に余裕のある状態でいる方が、よっぽど家庭のためとなることもあります。

また子ども達が言うことを聞いてくれない場合は、愛情はあるけれども、彼らから「人として好かれていない」状態かもしれません。

自分のことを客観的に見て、人としていい感じかどうか、自分を省みましょう!

 

【秘訣というよりおまけ】うちの例

先日、うちの10歳の娘が、いきなりヒステリックに怒りだしました。

昔の私なら、その怒りに反応して、こちらもイライラして、怒り返していたかもしれません。

でも、今は、私の方に心に余裕があるので、娘に意識的に注意を払い、事の全貌が分かります。

10歳の娘は、私を喜ばせようとして、それまで6歳の息子の世話をしようと、一生懸命がんばってくれていたんだなって。

だから、がんばり疲れて、感情が爆発したんだなって。

だから、「ママのこと、助けてくれようとしたんだよね、気づいているよ。ありがとう。がんばって疲れちゃったんだよね。

そんな時は、イライラするよね。大丈夫だよ。」って娘をよしよししたりします。

無理しなくてもいいんだよと思いつつ、やっぱりありがたいとしっかり受け取るようにします。

 

また娘のあり方は、自分自身の鏡であったかもしれない、何かに一生懸命になり過ぎていたかもしれないと、メッセージとして受け取ります。

 

それで私はハートを広げる努力をしているので、以前に比べたら、家族に感情的にあたることはかなり減っているのですが、たまに爆発することもあります。

でも普段そんな風に接していると、次に私が爆発したときに、家族も「ママは今余裕がないんだな」という具合に寛容に助けてくれたりもします^^

 

秘訣のまとめ~自分の取説を知るには占星術がおススメ!

こんな風に、家庭で女性はストレスを溜めずに、ゆるゆるして、みんなの「喜ばせたい」を受け取れるようにするとよいですよ♡

家族同士、少々感情を爆発させ合っても、許しあえる関係もいいですよね。(それを自分がハートを広げる努力をしない言い訳にしないことは大事だと思います。)

家族と四六時中一緒にいなくてもいいし、仕事で忙しくてもいいんです。人によって心が満たされるポイントって違いますしね。

でも心まで何かにもっていかれない、ゆとりのある状態でいられるといいですねという話です^^

そしてそんなふうにいられるよう、自分の取説を知るには、やっぱり占星術がおススメです!

 

お読みくださりありがとうございました♡

占星術師Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。10歳の娘と、9歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

アメリカの学校 2

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 3

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

4

こんにちは、現在4歳でASD(自閉症スペクトラム)の男の子のお母ちゃんやってますMIYAです。   難しいことを書こうと唸っていたのですが、まずはうちの息子がASD(発達障害)と診断されるま ...

5

こんにちは!占星術師のNanamiです。 今日から少しずつ、このウェブサイト上で、西洋占星術講座を始めます! 子育て中のパパママも、ご自身のことやお子様のこと、西洋占星術で知ることできると良いと思うの ...

-アメリカ式子育て, 子育ての考え方, 心理学, 子育て向け占星術

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.