子育て向け占星術

占星術で、自分やお子様の年齢域の星座を知る!【惑星と年齢域の話】

投稿日:

こんにちは!占星術師のNanamiです。

 

私が住んでいるアメリカのの土地では、学校は9月より新年度が始まりました!

 

新しい学年、新しいクラスルーム!

 

クラス発表が、夏休みの終わりの方にあり、うちの9歳の娘は、一番仲の良い友達達と誰とも一緒のクラスになれなかったため、

 

学校が始まる前まで、心配していましたが、学校が始まったら、新しい友達もでき、楽しいようです!

 

 

またアメリカの学校からは、夏休みの宿題は全くないのですが、

 

毎週土曜日に通っている日本語補習校からは、宿題がたくさん出ていました。

 

うちの娘は、そういうのを用意周到に、予定を立てて少しずつする、とてもしっかりした子で、余裕をもって全部終わらせているはずでした。

 

それが、うっかりまるまる忘れていた宿題のドリル1冊があると、あと夏休みも1週間というところで発覚。(親の伝達ミスでした。。)

 

そのときの娘ったら、もう、パニックに陥りまして笑

 

My life is messed up!「私の人生台無しだ~!」と言って、大泣き!!!

 

私はもう、そんな娘が、可愛くて、可愛くて♡笑

 

そんな風に、私が余裕でいられたのも、占星術で娘の気質を理解しているかもしれません。

 

まぁ、娘の持ち前の氣質なら、そういうに反応してもおかしくないな、「星通りだな。」という感じなんです。

 

なので、占星術でお子様の氣質をチェックされるのも、とてもお勧めです☆

 

 

占星術は太陽星座だけではないんです。それぞれの惑星に星座があります。

 

占星術・・・と聞かれると、太陽星座が中心の星占いが思い浮かぶ方も多いかもしれません。

 

ただ一般的に、占星術師がみる星座は、太陽だけでなく、こんなホロスコープを読みます。

占星術のチャート

 

このホロスコープは、生まれる前に自身が選んできた人生の青写真とか、設計図と言われているものです。

 

だから性格や、人生でどんなことが課題になり、どんな経験をしていくだろうかなど、これを読むことで推測できるのです。

 

様々なシンボルが円の中に描かれていますが、一つ一つが天体を表しています。

 

天体も、私は少なくとも12天体は見ます。

 

(占星術師によって、小惑星をたくさん読む人もいるので、そこは占星術師に寄ります。)

 

それで多角的に、それぞれの星座や、天体達の関係性なども見るんです。

 

特に、その関係性を見るところが、難しいかもしれませんが、手っ取り早いところで、誰でもできるのが、

 

それぞれの惑星の星座をチェックするということ。

 

例:太陽星座は天秤座、月星座は水瓶座、金星星座は蠍座、などなど。

 

 

※そのとき、無料のホロスコープ作成ツールを活用すると良いでしょう!

 

検索するとたくさん出てきますが、例えばこんなの↓が使えるでしょう!

https://sp.ryuji.tv/horotool

https://hoshinomai.jp/horoscope

 

 

そして、年齢域の惑星の星座をチェックすると良いので、年齢域については以下に書きますね☆

 

 

年齢によって、最も影響を受ける惑星が変わる「年齢域」の考え方

 

年齢によって、最も影響を受ける惑星が変わってきます。

 

その「年齢域」というものが、以下の通りです。

 

月   0~7歳

水星  8~15歳

金星  16~25歳

太陽  26~35歳

火星  36~45歳

木星  46~55歳

土星  56歳~

 

 

なので、その年齢域のお子様は、太陽星座をみるよりも、その年齢に対応する惑星の星座をチェックした方が良いかもしれません。

 

例:7歳までは月の星座を、8~15歳ぐらいまでは水星の星座をチェックする。

 

例えば、うちの娘は、月星座は蟹座で、7歳ぐらいまでは、ママにべったりの甘えん坊でした。

 

月の星座は、その人の根本的な欲求を表すので、その特徴は生涯あるのですが、ちょうど7歳の半ばあたりで、あれ?性格変わった?

 

と思うようなことが実際ありました!ああ本当に、7歳を境に、年齢域の星座が、月から水星に変わったなということが。

 

 

娘が7歳の最初の頃、日本語補習校に行きたくないと言い出したので、補習校の先生と三者面談で話し合ったのです。

 

何が嫌って、宿題が多すぎると。ただ補習校に行くこと自体はそれほど嫌いではない。じゃあ、どうする?と。

 

補習校の宿題をみるのは、うちの夫がメインで、夫と娘がともに時間を過ごす親子の時間ということにしたら?みたいな話をしたのを覚えています。

 

それで何とか、続けると決心した娘。

 

そして、しばらくすると・・・そんな三者面談をしたのは何だったんだろう?というぐらい、急に宿題を一人で計画立てて、もくもくとやる人に急変!

 

しかも、徹底的にやりたい人になって、宿題の延長の漢字テストも、100点じゃなきゃ気が済まない!という。。

 

何?この変わりよう???っていう。

 

ああ、占星術年齢域の考え方って、本当にあるんだわ!って思った話です。

 

娘の水星の星座が射手座なので、「将来先生になりたい」と目標をかかげて勉強しだして、しかも娘の水星は山羊座冥王星と重なっているので、それも徹底的にやらないと気が済まないという。

 

(冥王星が絡むと、なんでも0か100かで徹底的に経験するタイプになるなど、そういう説明をおいおいできたらよいですが。)

 

なので、7歳までの性格と、8歳性格、また15歳の性格は全く変わるかもしれません。

 

そういうえば、自分もそのあたりで変化があったなぁって覚えがありませんか??

 

占星術の惑星と年齢域の話のまとめ

 

ということで、占星術は太陽星座だけではないということ。

 

年齢によって、最も影響を受ける惑星が変わってくるので、

 

お子様の年齢域にあった惑星の星座をチェックすることが、一つ、そのときのお子様の特徴をつかむのに役立つでしょう!

 

年齢域ごとに、表に出てくる性格も変わってくるかもしれません。

 

そして、じゃあ、〇〇座はどんな特徴なの?という話は、また別の機会にしたいと思います。

 

また詳細なリーディングは、是非私のような占星術師にお任せくださいませ。

 

そしてまずはお子様というよりも、保護者様ご自身が自分と向き合い、自分を知ることをお勧めします。

 

子どもは、自分自身を映す鏡のような存在でもありますので。

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

 

Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-子育て向け占星術

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.