アメリカ式子育て 子育ての考え方 子育て向け占星術

アメリカの大学受験はどんな感じ?学歴コンプレックスに悩んでいます。

投稿日:

こんにちは!

占星術師Nanamiです。

お子様の卒業、修了シーズンでしたね。

おめでとうございます☆

同時に、お子様の受験のストレスや、親御さんの学歴コンプレックス関連の、ご相談を立て続けに頂いておりまして。

 

私自身は、日本の最近のお受験事情は、存じ上げないのですが。

 

アメリカの大学受験や教育について、また占星術師として、これからの時代の傾向について、シェアしていきたいと思いました^^

 

アメリカの大学受験は、就職試験のようなもの?

まず、アメリカでも、大学を目指している子ども達は、受験勉強をがんばりますが。

 

大学側が欲しい人材というのが、「勉強ができる」だけでなく、その人物の全体像をみて、

 

その大学の知名度や、株を上げてくれるかどうか、という視点で選考が行われます。

 

なので勉強だけできるというよりは、リーダーシップやチームワークを発揮した経験があるかどうか。

 

スポーツやボランティア、インターンシップなどを通じて、人生経験を積んできているか。

 

逆境を乗り越えてきたような経験があるか。

 

どちらかというと、人とは違う個性など、「キラリと光るもの」を見られたりして、

 

それはまるで、就職試験のように、「人となりの全て」がみられるわけです。

 

アメリカで、よく勉強ができる、アジア系の子ども達は多いのですが、点数だけを見たら、合格者はアジア系だらけになってしまうかもしれないところ、

 

人種のダイバーシティ(多様性)のこともありますが、やはり「勉強だけではない」という考え方が根底にあると思います。

 

占星術的にみた、これからの時代の傾向

そして、占星術的に、これからの時代の傾向をみても、

 

「自立や個性や自由」がとても大切になってきます。

 

2020年12月から、占星術的に新しく「風の時代」が始まったのです。

 

人と同じ経験をしてきた人達よりも、自分の個性をいかに活かしていけるか、

 

価値を自由にクリエイトしていけることの方が、生きてくる、新たな時代なのです^^

 

また同時に、一人で何かをするよりも、協調性やチームワークで、多くの人達を巻き込んで、エネルギーを循環させることも大切です☆

 

なので、名のある大学に行ったから安心、学歴があるから安心という考えは、通用しなくなるとは思います。

 

ただ目指す職業、職種によっては、しっかりとした大学教育がベースにあった方がよいものもあるでしょう。

 

だから、お子様が将来どんな風になりたいのか、というヴィジョンをベースに、選択していかれることが本当に大切で、

 

やりたいことによっては、大学にいかなくても、逆に個性をとことん磨いていくことで、達成できる事もたくさんあるとは思います。

 

また更に高い視点でみたら、「達成だけが全てではない」「ありのままで完璧である」等々、もっと精神性の高いあり方を、人々に提示していく生き方だってあるでしょう。

 

そのように、教育や生き方も更に多様化していくと思いますし、

 

親御さん達自身も、古い価値観にこだわる必要はなく、これからの時代に、自分が「どうあるか」が大切でしょう。

 

新時代は個性にフォーカス。学歴コンプレックスは、消えていく!

以上、大学にいくにしても、これからは、選択肢もグローバルに広がり、

 

日本の大学にこだわる必要もどんどんなくなってくると思いますし、

 

世界基準で考えるほどに、ご自身の個性にフォーカスすることが大切だと思います。

 

なので、学歴コンプレックスも、新しい時代に合わせた価値観を取り入れたり、今後の生き方次第で、自然と消えていくのではと私は思っています^^

 

今の時点で、学歴が大切だと思っている人達も多いかもしれませんが、このコロナ禍で、起業する人たちも増え、自分の個性や強みをフルに活かして、人生を謳歌しておられる方達も増えています。

 

「誰と関わるか」も大切で、そのように学歴に関係なく活躍されている方々と交流することで、あまり気にならなくなるかもしれません。

 

またコンプレックスも、もともと全くない人なんていないと私は思います。

 

でも「そこからどう変わっていったか」という体験が何よりも、宝であり、強みになっていく。

 

やはりその逆境体験こそ、その後バネにして、大いに飛躍していけるポイントでしょう♡

 

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

占星術師Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。11歳の娘と、7歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

アメリカの学校 2

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 3

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

4

こんにちは、現在4歳でASD(自閉症スペクトラム)の男の子のお母ちゃんやってますMIYAです。   難しいことを書こうと唸っていたのですが、まずはうちの息子がASD(発達障害)と診断されるま ...

5

こんにちは!占星術師のNanamiです。 今日から少しずつ、このウェブサイト上で、西洋占星術講座を始めます! 子育て中のパパママも、ご自身のことやお子様のこと、西洋占星術で知ることできると良いと思うの ...

-アメリカ式子育て, 子育ての考え方, 子育て向け占星術

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.