アメリカ式子育て

アメリカの子ども達の夏休みは・・サマーキャンプ!

更新日:

こんにちは!Nanamiです。

 

アメリカでは、9月から新年度がスタートです!

 

夏休みは、だいたい、6~8月の3ヶ月間もの間で、親は子どものサマースクールや、サマーキャンプの手配をしたり、また家で子ども達を遊ばせたり、バケーションの旅行にでかけたりと、なかなか楽しくも大変な時期でもあります。

 

アメリカの子ども達の夏休みは・・サマーキャンプ!

 

今年、うちの場合は、大半、子ども達にサマースクールや、サマーキャンプに行ってもらいました!

 

サマースクールは、下の息子は、公立の学校が無料でやっているものに通ってもらいました。

 

無料なだけに、人気で、今回はくじ引き制で、下の5歳の息子が午前中だけという形になりましたが、それでも助かりました。

 

上の9歳の娘は、市の自治体がやっているもので、キャンプと言ってもお泊りではなく、午後2時半にはお迎えに行く必要があるので、普段の学校よりも短めでしたが、市民にはお値段がリーズナブルなのと、毎日公園の野外のウォーターパークで水泳するプログラムが組まれていて、泳ぐのが大好きな娘にとっては楽しかったみたいです♪

 

そのほかにも、YMCAや、民間の団体や、習い事の教室などなど、様々な組織も、だいたい1週間単位で、サマースクールや、サマーキャンプを開催します。

 

これが結構、お値段するところも多いので、子どもをサマーキャンプに通わせるぐらいなら、夏の間だけは働かずに、家で面倒見るという、そういう親御さん達もいるようでした。

 

そういうフレキシブルな働き方ができるところは、良いですよね。

 

また1週間ごとに、違うキャンプに入れられたり、仲良しな友達がいるかどうかもよく分からないところ、内向的なところもある私としては、よくやるなぁという感じで子ども達をみていましたが、個人主義になれているアメリカの子ども達は、それでも平気な子が多いように見えました。

 

 

サマーキャンプを実際に運営しているのは?

 

サマーキャンプで働いているのも、実は子ども達であったりします。

 

12歳以上の子ども達から、ヤングアダルトまで、バイトであったり、ボランティアであったり、幅広く働いて経験を積んでいるようです。

 

小さな子どもの世話をするだけでなく、プログラムの細かい企画から携わっている場合もあります。

 

私達はクリスチャンというわけではありませんが、うちの子ども達には近所の大きな教会のサマーキャンプにも行ってもらいました!

 

普段ホームスクーリングで育っている子達を含め、たくさんのティーネイジャーや、ヤングアダルトがボランティアで入っているので、

 

まるで1つのクラスに5、6人先生がいるような感じで、安心でもあったのです。

 

※以前書いた、ホームスクーリングの記事はコチラ↓です。

ホームスクール
アメリカでは一般的な、ホームスクーリングについて

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

 

ホームスクーリングに通っている子達ほど、演劇の習い事をしていたりするからか分かりませんが、司会進行のMCが、ラジオのパーソナリティみたいに、上手い子が多くて、いつも感心します。

 

↓またこちらの写真は、その教会のサマーキャンプで毎年恒例!消防車の放水による水遊びです☆

 

子ども達が自ら考える、子ども達のための遊び!

 

 

発想が柔軟でいいなと思いました☆

 

 

まとめ:サマーキャンプから見た文化の考察

 

私は子育ての大変さって、子どもが生まれて初めて、身に沁みました!

 

でもアメリカでは、ベビーシッターのバイトも一般的であったり、このようなサマーキャンプの運営に携わって、小さな子どもたちの面倒をみたりと、早くから小さな子ども達の相手をするってどんな感じかを学んでいるわけです。

 

どこの国でも一長一短あるとは思いますが、

 

占星術的にみて、アメリカは蟹座の国で、家族を大切にし、子ども達を育成するのが上手いというのはあると思うのです☆

 

なので、そこのところの文化は、日本でも広まるといいなぁ、

 

などと、サマーキャンプ一つをとっても、色々と学ぶことがあったのでした!

 

 

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-アメリカ式子育て

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.