アメリカ式子育て

アメリカでは一般的な、ホームスクーリングについて

更新日:

こんにちは!Nanamiです。

今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆

 

日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、アメリカでは不登校自体が騒がれることがありません。

その理由の一つの一つとして、ホームスクーリングと言って、親が家で子どもに勉強を教えることが、とてもメジャーということがあると思います。

日本でもホームスクーリングが、これから増えていく傾向にありそうですよね。

 

私の知り合いのアメリカ人にも、ホームスクールをしている方々いらっしゃいます。

子どもを5、6人生んで、ワイワイとホームスクーリングをしていたり、また中国やアフリカから養子をもらってやっていたり、また子どもの人数に関わらず、一人っ子であろうが、二人兄弟であろうが、その家庭によって、形態は様々です。

 

(日本は少子化ですが、そして私が子どもの頃は、兄弟が2人いる家族が多いかな~という感覚でしたが、アメリカの私が今住んでいるところでは、3人兄弟が一般的かな~という感じではあります~!)

 

それでアメリカのホームスクーリングの実態について、詳細を調べてみました!

(参考:National Center for Education StatisticsHomeschool Fast Facts

 

アメリカでのホームスクーリングの実態

ホームスクーリングの子どもの割合は、アメリカ全体の3%程度で、230万人!

白人家族が6割弱のようで、ただ親の学歴や収入は関係ないようです。

 

ホームスクーリングの理由は・・・

自分の子どもにカスタマイズしたカリキュラムで教えたいから

学校以上にアカデミックに教えたい

学校の指導的なアプローチではない方法で教えたい

家族の絆を強めるため

社会的な交流も、導きたい

ドラッグ、暴力、いじめ、性などの問題から子どもを守り、安全な環境で教育したいから

ある種の価値観や信条などを教えたいから

ということですね。

 

例えば、敬虔なキリスト教徒の人々が、ダーウィンの進化論を教えたくないなんていう理由もあるかもしれません。

また、同調圧力を恐れてということもあるそう。

日本人の私からすると、よっぽど個性豊かなアメリカ人が、同調圧力を恐れる?と思うこともあるのですが。特にティーンは多感だったりするので、同調圧力に弱くなるところもあるでしょうね☆

ドラッグや性の問題もありますし、もしかしたら、個人主義の国だからこそ、同調圧力には敏感というところもあるかもしれません。

 

このホームスクーリング、実際に以下の傾向が出ているそうですよ☆

学業テストの結果の平均点が、公立学校より15-30%ポイント高い

テストの結果も、親の学歴や収入に比例しない

選挙や公的会議、地域のコミュニティサービスへの参加頻度が多い

大学入学率が、一般と比べて、平均かそれ以上

自分の親の価値観や信条をより高い割合で受け入れやすい

 

その他にも・・・

ホームスクーリングの子は、「自分は誰なのか」「自分は本当は何をしたいのか」と考える機会がより多く、そのために自己の強い感覚を持っている。

という報告もあるそう。

 

ただ私も、「ホームスクーリングの子の方が、自己肯定感が高そうだよね~」みたいな話をよく聞きはするのですが、それは完全に研究として証明できている部分ではないようですね。ネガティブな影響もあるかどうかの研究はまだこれからだそうです~

 

まとめ

以上、親の価値観とか、宗教のこととかは、ちょっと分かりませんが~、ホームスクーリングという形態も「一つの選択肢」として加わることで、子どもの生活の自由度が一つ上がると思うのです。

不登校だから・・・何?

と。誰一人として同じ人間はいないこの地球。社会での、子どもの在り方にも、多様性が持ち込まれていくことは、良いことと言いますか、本来そうあるべきなのではないでしょうか~☆

 

お読みくださり、ありがとうございました♡

Nanami

LINEお友達募集中!

星の子育て公式LINEでは、記事の更新情報や、各地やオンラインでのお茶会や相談会の最新情報なども配信しています。

またご質問やご相談なども受け付けておりますので、お気軽にご登録ください☆

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nanami.k

nanami

アメリカ郊外在住約10年。9歳の娘と、5歳の息子のママであり、占星術師であり、コーチであり、ヒーラー。娘が11ヶ月の赤ちゃんのとき、東京からアメリカの中西部郊外に移住☆もともと子どもの頃から、HSP(Highly Sensitive Person)であり、生き辛い半生を送る。弟も同傾向にあり、弟は小学校の低学年から不登校。人とは違う、繊細過ぎて馴染めないところがあり、いつか日本を抜け出したいという願いが叶って移住は実現したのかもしれない。しかし娘が赤ちゃんの頃、移住の大変化の中、完璧に子育てをしようとして、ストレスまみれで、甲状腺の病気になったり、娘に厳しくし過ぎたり・・あまり良い親ではなかった反省を踏まえ、その後、様々なことを学び、"The Best Mom Ever!"(最高のママ!)とまで言われるように。現在はストレスフリーな子育て生活を送っている♡自分が変われた体験談や、学んできた子育ての知恵、またアメリカ子育て生活の実況中継的レポートなどを綴っていく。

よんでほしい記事

1

このサイトは、敏感な子供たちの子育てに悩むパパママを応援する子育て情報サイトです。 心理学の最先端であるアメリカを中心に、日本ではまだなじみの少ない様々な子育て方法を紹介したり 不登校や自閉症などの敏 ...

ホームスクール 2

こんにちは!Nanamiです。 今日はアメリカではとても一般的である、ホームスクーリングについて、書きたいと思います☆   日本では、不登校が社会問題のように騒がれて久しいと思うのですが、ア ...

アメリカの学校 3

こんにちは!Nanamiです。 学校の先生たちって、どこの国も大変そうだなぁと思います。 アメリカの公立・私立の学校情報は、オンラインで公開されており、その学校の子ども達の成績の平均点や、教師対生徒の ...

不登校 4

こんにちは!Chikakoです。   ここでは、我が家の子どもが不登校になったときの経験を綴ってみたいと思います。   我が家の子どもは、園児の時は活発で友達も多く、一人でいるより ...

-アメリカ式子育て

今あなたに必要なメッセージが届くLINE

Copyright© 星の子育て , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.